犬は基本的に服を着るのを拒みます。それは自由な行動を制約されると感じるからです。犬によっては激しく抵抗して見せることもあり、そのような時は飼い主として困り果てるものです。ただそのような状況下で無理に着せると、その犬の受けるストレス量は想像を凌ぐレベルに達する可能性があります。どうしても嫌がるようであれば、潔く諦めるのも選択肢です。

受け入れてくれそうだと感じられる犬であれば、少しずつ服に慣れさせることが肝心です。

慣れさせる方法としては、最初からタイトなサイズの服を着せるのではなく、大きめのサイズの服を着せるのが有効です。着脱が簡単であればあるほど、犬はストレスを感じにくいものだからです。

他にも、着せる前に洋服に触れる経験をしてもらうことが考えられます。洋服を観察したり、触ったり、その匂いを嗅いだりすることで、服そのものを既知のものとして認識できるようになります。

また、ご褒美を用意して条件づけるのもお勧めです。服を大人しく着ることが出来れば、大好きなおやつをあげて下さい。犬は服からおやつを連想するようになり、服を着るのが楽しくなるはずです。ただこの方法は簡単に行かないことも多いですから、段階を踏んで挑戦しましょう。最初は服を着なくても、犬の視界に服を入れながらおやつを与えるくらいで構いません。徐々に服を犬の身体に近づけていくことで、スムーズに慣れるでしょう。

どうしても成功しない時は、身体の一部に被せて反応を観察します。例えばオーバーオールタイプの服の場合、脚を入れるのは後回しにして頭だけを覆うようにします。頭だけなら受け入れてくれる犬も多いでしょう。ご褒美はおやつが効果的ですが、散歩や玩具でも構いません。もちろん飼い主が優しく撫でてあげることもご褒美の一つです。

Padrao 働くイヌとのつきあいかた。のサイトトップへ