犬たちの姿形、性格や気質などの種としての違いは大きくありますが、基本的な骨格を作る骨の数や特徴などは変わることはありません。

全身の骨の総本数は、約320本などと言われています。この数字は、人間の骨の数と多い、もしくは少ないかご存知でしょうか。

人間の骨の数は、成人になった人の数字で言いますと、約206本と言われていますので、犬たちの骨の数は、人間の骨の数を上回っています。

犬たちは犬種によって、小型犬、中型件、大型犬などとおおまかに区別して呼ばれる事がありますが、最近の傾向から街中でよくみかける犬種は、主に小型犬と呼ばれる、ミニチュア化された犬種が、メンイになってきているような光景がみられます。

犬たちをミニチュア化する為の繁殖は、自然発生的に小型化された犬たちをさらに人工的な方法で様々な犬種が生み出されているようです。

ミニチュア化の他には、ドアーフ化という方法がみられるようです。ミニチュア化された犬種は、トイプードルやチワワ、ドアーフ化された犬種は、ダックスフンドなどが代表的な犬種となります。小型化された犬たちも、超大型犬と基本的な骨のの数などには変わりはありません。

Padrao 働くイヌとのつきあいかた。のサイトトップへ

BLOG