愛犬が噛むという行動を取る時は、何かしら人間の行動に対する抵抗を試みた時などに、問題行動がおこりやすりと考えられています。そのような問題行動=飼い主と愛犬が、適切な関係性を築く事ができていない表れであると考える人々もいるようです。犬たちは、人間からのアプローチに対して抵抗するために、噛む行為を行っているのです。噛まれた飼い主さんが、一旦、そのアプローチを止めると、噛む=飼い主の行動をストップする事が出来ると考え、飼い主に抵抗を試みる度に噛むクセがついてしまい、問題行動の発生率がさらに高まってしまう傾向があるようです。ですから、愛犬に噛むクセがみられた時には、早急に専門家のトレーニングを受ける準備を行うか、もしくは、獣医さんに相談をもちかけるような、第三者の助けが必要となります。飼い主さんと愛犬が対立した状態で、問題行動を解決しようとすると、さらに状況が悪化してしまうというようなケースも少なくないようです。

BLOG