犬たちの吠える問題行動とは

犬の鳴き声で、皆さんはどんな事を伝えようとしているか判断できますか?犬たちは、様々な理由をもって吠えますが、その吠える理由を大きく分類してみると、「警戒」と「要求」に分けて考える事ができます。警戒心をもって吠えるような場面は、見知らぬ人と出くわしたり、自宅に訪問者が訪ねてきたり、散歩中に他の動物や犬たちに出逢った時などに発生しがちです。この状況において多くの場面で犬たちは、未知なる存在への恐怖心や不安感を抱く事で吠えてしまうようです。このようなケースの吠え方に関しては、様々な対処法があると考えられておりますが、それぞれのシチュエーションにおいて、未知なる存在に安心感を植え付けたり、恐怖心を抱かなくても良い存在なのだというような事を知らせる必要があります。犬たちが、怖い、不安だと感じた対象が、良いイメージとして認識される事で、吠える問題行動は、除々に、少なくなっていくのではないでしょうか。また、要求を訴えるために吠えるようなケースは、フードの量が足りなかったり、おやつが欲しい事のアピールであったり、散歩や遊びに飼い主を誘っているような時に吠える事が多いようです。このような要求吠えに、飼い主さんがYESの行動をとる度に、犬たちは吠える事で、フードがもらえる、おやつがもらえるようになった、散歩に連れて行ってもらった、遊んでくれたなどの学習が積み重なり、要求吠えがエスカレートしてしまうと言われています。要求吠えに飼い主さんが気づいても、無視を徹底し、きちんと愛犬が落ち着いたニュートラルな状態の時に、それぞれの要求に応えるようにしましょう。

BLOG

問題行動を愛犬から排除するには

愛犬が噛むという行動を取る時は、何かしら人間の行動に対する抵抗を試みた時などに、問題行動がおこりやすりと考えられています。そのような問題行動=飼い主と愛犬が、適切な関係性を築く事ができていない表れであると考える人々もいるようです。犬たちは、人間からのアプローチに対して抵抗するために、噛む行為を行っているのです。噛まれた飼い主さんが、一旦、そのアプローチを止めると、噛む=飼い主の行動をストップする事が出来ると考え、飼い主に抵抗を試みる度に噛むクセがついてしまい、問題行動の発生率がさらに高まってしまう傾向があるようです。ですから、愛犬に噛むクセがみられた時には、早急に専門家のトレーニングを受ける準備を行うか、もしくは、獣医さんに相談をもちかけるような、第三者の助けが必要となります。飼い主さんと愛犬が対立した状態で、問題行動を解決しようとすると、さらに状況が悪化してしまうというようなケースも少なくないようです。

BLOG

犬と人間の骨の数

犬たちの姿形、性格や気質などの種としての違いは大きくありますが、基本的な骨格を作る骨の数や特徴などは変わることはありません。

全身の骨の総本数は、約320本などと言われています。この数字は、人間の骨の数と多い、もしくは少ないかご存知でしょうか。

人間の骨の数は、成人になった人の数字で言いますと、約206本と言われていますので、犬たちの骨の数は、人間の骨の数を上回っています。

犬たちは犬種によって、小型犬、中型件、大型犬などとおおまかに区別して呼ばれる事がありますが、最近の傾向から街中でよくみかける犬種は、主に小型犬と呼ばれる、ミニチュア化された犬種が、メンイになってきているような光景がみられます。

犬たちをミニチュア化する為の繁殖は、自然発生的に小型化された犬たちをさらに人工的な方法で様々な犬種が生み出されているようです。

ミニチュア化の他には、ドアーフ化という方法がみられるようです。ミニチュア化された犬種は、トイプードルやチワワ、ドアーフ化された犬種は、ダックスフンドなどが代表的な犬種となります。小型化された犬たちも、超大型犬と基本的な骨のの数などには変わりはありません。

Padrao 働くイヌとのつきあいかた。のサイトトップへ

BLOG

健康的なウォーキング

人間で言うと職業モデルと称される人々が、特別なレッスンを受けて大勢の人々の前で独特なウォーキングを披露しますが、彼らのウォーキングを一般の人々が行う事が困難なように、犬たちもドッグショーなどで入賞するような犬たちの歩き方を習得するためには様々な訓練と健康管理が必要となるようです。

私達人間の歩き方が、骨格、体幹、筋肉などによって姿勢を保ちながら行われる事に対して、犬たちも歩行を訓練するにあっては、骨格や筋肉の付き方によって、その美しさは変化してきます。また、犬たちの日々の歩き方を観察することは、健康管理につながり、健全な歩き姿は、健康な身体から生まれると考えられています。

人間の歩き姿がそうであるように、個々の歩行の仕方には、様々な理由があるからです。皆さんも、運動やストレッチなどを行う事で、身体の動きに違いが出てくるように、健康な犬たちの歩き姿には、それなりの理由がその姿にあるはずなのです。

飼い主としては、毎日の散歩の時間は、彼らの歩く姿から様々な情報を得るチャンスでもあるのです。場合によっては、専門ショップなどで、犬たちの筋肉などを維持する為の、運動方法のアドバイスなどを受ける事も良いでしょう。

Padrao 働くイヌとのつきあいかた。のサイトトップへ

BLOG